もう1か月前になる、ほっけーどー帰省。
昨年から、2人の子どもの航空券代も大人料金になり、
H.I.Sのヨーロッパ周遊旅行並みの総額になるので、フェリーに変更になりました。

★★昨年★★同様、八戸(はちのへ)へ到着した朝、市場へ向かいました。
816a.jpg
もうね、おばちゃん。。。おばあちゃんたちの手さばきに、見惚れるね。
販売するときは、このおばちゃんの右手の棚上から、半分のカットした新聞をサッと取り、包装して、ゴム輪をくるり。

「おう、20円、貸してけろ~」といえば、
「おらも、ねぇ~」
「あるある、ほれ~」と、2つ向うのおばちゃんからバケツリレーのごとく、20円の橋渡し。

何歳でも、元気であれば、日本の経済活動に参加できるのですね。


今夏は、これらを食べました。
816b.jpg
さばの塩焼き 400円
すじこ 200円
マグロ 200円

ご飯とみそ汁で、180円ぐらいだったかな。
このさばの塩焼きが、激しい争奪戦となりました。
大きなグリルで、おじちゃんが、焼いてくれています。

やはり、魚や海藻類を食べているせいか、デブが居ないねぇ。
おばあちゃんたちも、とても元気。
もりょーがは、生魚が少ないから、うらやましい。


                       ***************

さて、今夏の帰省話は、なんだか物足りないわ~、5-さん、おとなしかったのかしら。。。と思った、あなた。
もう、2年ほど、ここに通い詰めた証拠です。


---帰省中の世直し話はコチラ--------------
★2015年★
★2016年 その1★
★2016年 その2★
----------------------------------------


今年もね、あったんです、してしまったんです。
復路の船内で。。。苫小牧から八戸の向かう船内で。

復路の船は、私の中三の修学旅行で乗ったような船でした。
大広間のところに、雑魚寝。。。のような、アレです。
昔は雑魚寝でしたが、いまは、ひとりのスペース分の折り畳みクッションで区分してあります。

で、家族4人で案内され(知らない男女が、隣り合わせにならないように、係員が席を案内してくれます)
タオルケットやら、飲み物を、私が配布していると、我々の向かいに5人家族がやってきました。

あんぱんとコーラとお昼寝が大好きっぽいママ
年中、クロックスを履いているような、パパ
あとは、中2、小5といったところのお嬢さん
そして、小2ぐらいのボンズ「こうちゃん」

私のセンサーが反応した。


初めての船旅なのか知らないけど、こうちゃん、大はしゃぎ。
家族のスペースのとこで、ケンケンパーをする。

「こうちゃん!」

案の定、名前だけ呼んで無意味な注意をする、ママ。
こうちゃんは、マイペースで、なにやら、呪文を唱えはじめる。

立ちながら、右まぶたの上をつまみ、「&%$$$##~~!!」と口にして、バタッと倒れる。
それを、13回ぐらいしたかな。

じーーーーーーっと私は、見ていた。
隣の長男が、無言で肘鉄をしてきた。
見るな!ということだろう。
でも、私は、止めなかった。

次に、こうちゃんは、アラーの神へお祈りするようなことを始めた。
立膝ついて、ぶつぶつ言いながら、上半身を倒す。

「掛け算の7の段を、唱えられなそうな子だな」と、長男。
いや、ほんと、そう。
周囲の人々も、怪訝な目でみるようになった。

しかし、ママは、お構いなし。
最後に洗濯したのは3年前かな??ぐらいの、きったねーバスタオルをかけて、寝る態勢。

ママ、靴下に、デカい穴、あいてるぜ。

おねえちゃんたちは、大浴場へ(無料だから、入らないとみたいなことを言ってました。。。そゆとこが、もう。。。ね)
パパは、整理整頓。

ときおり、パパが注意するものの、こうちゃんは、一向に止めない。
すると、やっと、私の刺さるような視線に気が付く。
一瞬、ひるむも、また、祈りを捧げる。

また、目が合った。

「し」 と、私は声を出さずに、口を動かした。

すると、こうちゃんも、マネをした。。。「し」

「ず」  「ず」
「か」  「か」
「に」  「に」

私の口の動きを真似して、やっとわかった、こうちゃん。

”おれ、注意されてる”


そう。
こうちゃん、あなた、うるさいんですよ。
静かにしなさい。


やっと、祈りスタイルの、ふざけたマネを止め、
きったねーバスタオルをかけて寝ている、おかあさんの隣で寝た。


あああ、今年もやってしまった。
なぜ、私には、こういう場面が当たるのだろう。
好きで、注意する人間など居ない。

普通にしてくれ。
頼むよ。
普通でいいの。
ね、わが子は、自分たちで面倒みましょうよ。


そんな話を、私の美容部長Mちゃんに話したら、
また、涙を流して笑っておった。
そして、言った。

「5-さん、やっぱり、ホイッスル買ってあげましょうか?」

嗚呼、そうね、そうね。
ピーーーーーーーッと、ホイッスルを鳴らした方が、楽かも。。。。


今回も、ディスリは、なしで、お願い。
その代りといってはなんですが、
5-さん、ホイッスル買いなよ、という方、よかったら、拍手をお願いします。





やはり、このぐらいの値段を出した方が、いい音がするようです。

老婆のヒトリゴト | コメント:(0) | トラックバック:(0)

ハマっているもの

2017/09/14 Thu 07:47

P1380405.jpg
スムージーを作ってみました。
これ、お代わり量なので、少ないですけども。


スムージー、ほんとのは飲んだことないのです。
帰省の間、やたらとコンビニに入ったので、その際、いつも、スムージーを買っていました。
168円とか、高かったけど、ペットボトル1本、飲めない私なので、どうしてもこじんまりとしたものを選んでしまいます。


で、帰宅後も作ることができるんじゃないかと、検索してみたら、できそうだった。
お買い得品のところにあった、バナナ、小松菜、洋梨、キウイ。
で、豆乳ヨーグルトと氷を入れて、ウィーーーーーン!
が、上のもの。

ものすごーーーーく、おいしかったのです。
小松菜とキウイの味が、いいねぇ~


で、翌日、まだ、あそこにたくさんあったな。。。と、前日のスーパーに出かけてきた。
買ってきた↓
P1380424.jpg

激安。
P1380425.jpg
これを、カットして、レモン汁とグラニュー糖をまぶして、冷凍して、いま、ガンガン飲んでます。
小松菜は必須。


業務スーパーで見つけたもの。
P1380427.jpg
スムージーの素のようなもん。
グリーン野菜が、ギュッと。
濃ゆいのですが、
色が、牧草を踏みつぶしたような感じなので、そこが不満です。

スーパーの見切り品コーナーで、フルーツを大量買いしている人が居たら。。。それは私かも知れません。



んめぇぇ! | コメント:(0) | トラックバック:(0)

畏れ多い。。その理由。

2017/09/13 Wed 07:24


写真撮り忘れちゃったのですが、マスカルポーネチーズを買って、簡単ティラミスを作ったんです。

いつものコレです↓
Cpicon ボウル1つで簡単 お店の味 ティラミス by ちいちいgsxr600


マスカルポーネは、コチラを↓


とってもミルキーでおいしかった。


で、少々余ったマスカルポーネで、なんとなくティラミスパンを焼きました。
そう、「なんとなく」です。
<参考>
Cpicon HBでマスカルポーネの食パン by ピカりんぐ
P1380394.jpg
思い付きだったので、妙な成型ですけども。


ゆえに、こんなですけども。
P1380397.jpg
おいしゅうございました。
なにより、材料を無駄にしなくてよかった。

捏ね分けして、コーヒーのほうは、トラブリを入れました。





で、これは、違うパンです。
TVのCMを観てから、異常に食べたくなったんで、買ってきた、ご当地パン。
P1380410.jpg
★シライシパンのネオトースト★です。


焼くとこんな、うすーーーーい。
P1380411.jpg
でも、この油ギッシュなところが、たまらなく、ウマイのです。


こういうパンを食べて育ってきたので、有名どころのパンの評価なんて、とても恐れ多いのです。

★生イースト | コメント:(0) | トラックバック:(0)

パッツンパッツン3

2017/09/12 Tue 07:46

しつこいですけど。。。。パッツンパッツンの3回目です。
P1380355.jpg
昨日の画像の。。。左の方。

焼こう焼こうと思って、約2年。(プリントの日付が2015年だった。。。)
P1380388.jpg

lynneさんレシピの「ディナーロール」
P1380357.jpg
リンク貼ろうとしたら、そこは、もう、おしまいになってました。

これ・・・・・
P1380381.jpg

おいしーーーーー!!
P1380384.jpg

これは、また焼こう!!


いまは、こちらに進化してるようです。


★酵母にて | コメント:(0) | トラックバック:(0)

パッツンパッツン2

2017/09/11 Mon 07:31

パッツンパッツンの2回目。
P1380355.jpg
2種類、作りました。

で、右の方。。。。。
またまた、クミン&福神漬けベーグル。
P1380371.jpg
昨日のは、おすそ分け便に入れてなくなったので、また、仕込みました。


P1380379.jpg
これに、カレールーをぬって、チーズをかけて焼いたら。。。。

ぶー1

食べてから、ダイエットします。

★酵母にて | コメント:(0) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | Next »