578 粉屋 *2019 なとぅ その2(完)
FC2ブログ

*2019 なとぅ その2(完)

今宵の宿は、函館・湯の川温泉 湯の浜ホテル。
フロントに入り、あら~、値段の割にいいところだったかも!

だがしかし。
部屋に行くまでに、「なんだか、じーちゃんちの2階の臭いがする。。。」
「たしかに。。。」

そして、部屋は。。。。
P1460847.jpg
オーシャンビュー!(よく言えば)

いいじゃない?と思うでしょうが、ほれ!
P1460846.jpg


レトロな雰囲気のお部屋!(よく言えば)
P1460844.jpg

楽天ROOMの、レトロ大好きな人が喜んで欲しがりそうな、ダストボックス(よく言えば)
P1460848.jpg

ま、寝るだけだから。

でも、お部屋の掃除は行き届いているし、従業員の方々は感じがよいし、特に問題はなかったです。
なにより、食事は朝夕、バイキングなのですが、会場がフロントの後方にあり、これ!
P1460873.jpg
メニューも豊富で、このホテルは古さをここでカバーしてるのでしょう。
いいと思います!

17:30~の夕食に即効、出向き、観光することに。

夜の五稜郭。
P1460853.jpg
もう、館内には入れなかったけども、下からでも、十分、きれいでした。

上からの五稜郭は見たし、38年前に。

修学旅行で見た景色を、約40年後、自分の家族で見ることとなるとは。

そして、赤レンガ倉庫へ。
P1460858.jpg

閉店間近もあるけれど、特に、買い物することもなく、ぶらぶら~と。
P1460866.jpg

これは、まぁ、Kとか、Cの国の人、好きだろうよ。
P1460868.jpg
きれいで、
食べものもおいしくて。


さっきの夕飯のバイキングのイカ刺を「それじゃぁ、香港住宅の物干し竿じゃねぇ?」というくらい、
香港
こんなふうに、箸で、かっさらっても、咎められないし。

もう、どこでもかしこでも、声、でかすぎ。

耳、悪いの?




と、心のなかで文句を言いながらの、そこココにある、「ラッキーピエロ」
P1460851.jpg

5一郎(ごいちろう)は知っていましたが、わたしは知りませんでした。
P1460870a.jpg

地元のハンバーガー屋さん。
P1460871.jpg
たくさん、オーダー窓口があるのに、いつも、混みこみ。
函館にきて、驚いたことは、老若男女問わず、働いていることです。
北海道は、間違いなく、観光で成り立っているのですね。
そして、それは、雇用にも影響している。
よろしいことです。

そして、復路のフェリーでの昼食は、朝に買った、ラッキーピエロのハンバーガー。
P1460874.jpg
ボリューミィで、美味しかった。
これで、390円です。

復路は、函館ー青森。
そこから、自宅まで高速で。

今夏は、道中、ずっと、みんなで、お義父さん(おじいちゃん)の口真似ばかりしていました。
去年は、間違いなくいたのに、今年は居ない。


ああ、おとうさんに会いたいなぁ。

特別、面白いことを話すとかではなかったけど、居るだけで、よかった。
最後の方は、いよいよ、施設かなぁと不安になることも多かったけれど、
最後の最後まで、誰の手も借りずに、生きた。

「じいちゃん、疲れちゃったから、行くわ!」みたいに、さーっと、去って行った。

身内の死に向き合うと、
肉体はなくなったのに、自分の中では、どんどん、存在が大きくなってゆくことに、戸惑う。

こどもたちにとって、これは、初めての経験。
仕方がない。
それが、人生だ。

だから。
「今度」は、軽々しく考えちゃいけない。

今度。。。ではなく、できたら、今!なのだ。


たぶん、みな、同じ思いだっただろう、2019 なとぅ の話。
スポンサーサイト



非公開コメント

ワタシのこと

5-

Author:5-
粉が好き。
粉モノ作りなら、なんでも、手を出す、
もりょーが在住のかあさんです。

最新記事
コメントありがとちゃーん♪
カテゴリ
ここで調べてねー★
メールフォーム
コメント欄同様、コチラもご活用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR