578 粉屋 最後だとわかっていたなら。
FC2ブログ

最後だとわかっていたなら。

ブロッコリーの影に隠れてしまった、カリフラワー。

Cpicon カリフラワーのカレーマヨ和え by 57kona578
P1390096.jpg

祖母とのいつもの朝食。
母はもう、私が起きる前に出勤した、いつもの朝。
保育所へ、友達と一緒に向かう朝(当時は、子供が一人で通所していたんです)

テーブルに、カリフラワーが並んだ。
サラダとか、ピクルスとか、そんなものを知らない時代。
マヨネーズをかけて、食べるだけ。

味付けを変え、目先を変え。。。そんなことはなく、
なくなるまで、マヨネーズとともに、テーブルに出てくる。
いつものこと。

その日の朝、なんとなく、機嫌が悪かったわたしは、
「これ、いらない」
と、カリフラワーが盛り付けられている器を、祖母に突っ返した。
戻した、んじゃなくて、突っ返した。

「そっか。毎日だもんな、飽きるなぁ」

祖母は、自分の器に、それを足す。


その朝が、祖母との最後の朝食になった。


                  *

これまでの人生の中で、後悔というものは、ない。

いや、残っている後悔は、ない。

時間をおいて、後悔が、自然となくなるのだ。
そのときは、ああ、@@すればよかった!と、多少は思う、思うのだが、
あとから、あれでよかったんだ、という事が起きるから。
こじつけではなく、
まるで、答え合わせをするかのように。

でも、カリフラワーを突っ返した朝食は、いまでも、後悔している。
あれが、祖母との最後の朝食とわかっていたなら、
わたしはマヨネーズをガシガシかけて、食べただろう。

最後だもん。
毎日、カリフラワーを食べても死ぬわけじゃなし。
「おばあちゃんの作ったカリフラワー、おいしいねぇ」
と、リップサービスをしながら。

でももう、あの時間は、二度と戻らない。

カリフラワーを見ると、だから、わたしは、胸の奥が、きゅーっとなる。
最後だとわかっていたなら、突っ返さなかった。
食べればよかった。



「これが最後かもしれない」

自分に家族ができてから、強く思うようになった。
そう思うと、遅い昼食を出すとき、インスタント味噌汁でいいかなと思うのだが、
いや、これが最後の味噌汁になるかもしれない、そう思うと、
一人分であろうと、味噌汁を作ろうと、やる気が起きるのだ。


「今日で最後だよ、おばあちゃんとの朝食」

あの朝、だれかが、耳元でささやいてくれていたら。
作ること、食べることを、こんなふうに考えることなど、なかっただろう。

大切な人との生活に、明日が、必ず来るとは限らない。






『最後だとわかっていたなら』


あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

あなたは言わなくても
わかってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい…「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい
そして わたしたちは忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること

いつでも
いつまでも大切な存在だということを
そっと伝えよう
「ごめんね」や「許して」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう

そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

(参考文献)
作/ノーマ・コーネット・マレック 訳/佐川 睦 サンクチュアリ出版


こちらにもあります↓
P1450232.jpg


でも、縦書き文化で育ったわたしは、こちらのほうが、心に響きます。
★最後だとわかっていたなら★
スポンサーサイト



ワタシのこと

5-

Author:5-
粉が好き。
粉モノ作りなら、なんでも、手を出す、
もりょーが在住のかあさんです。

最新記事
コメントありがとちゃーん♪
カテゴリ
ここで調べてねー★
メールフォーム
コメント欄同様、コチラもご活用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR