FC2ブログ

***その先にあるもの。

2018/06/23 Sat 09:01

先週のお届けもの。
P1420123.jpg

やせうま????
P1420124.jpg
私は午年だけれども???
あ、生やせうま。。。ね。


そして、たくさんの、
P1420126.jpg


野菜と、
20180615b.jpg

フンドーキンのドレッシング!
P1420135.jpg
イオンで、もう、置かなくなったので、まとめ買いするしかないなーと思っていたところに!
★★みお先生★★からのお届け物が。


やはり、やせうまと読んでしまうのよ~
P1420128.jpg
やせなければいけない、午年生まれのオンナですけど、無理だなぁー。


手を掛けたら、もう、やるしかない、らっきょ仕事。
P1420174.jpg
2週間前、人生初の島らっきょ漬けをしたところで、瓶がなかったから、タッパーに漬けました。
瓶を買いに行くところからスタートすると、先送りになりそうだったから。


野菜もドレッシングも、そりゃー、うれしいものですが、
しかし、メインは、実はこれではなかったのです!
P1420136.jpg
たけだかおる先生の本!!










サイン付きなんです!
P1420139a.jpg

もう一度いいます。
サイン付き!
P1420139.jpg


月初、ラインをしていたら、ふいに
「来週、たけだかおる先生が、レッスンに、来るのよ~」と、みおさん。

ぶったまげた私。
おののいた私。
かおる先生のご本を、出したり入れたりして、エア買いしていた私。
私ごときのレベルが買ってはいけないと思っていた本を、即座に買って、みお先生に直送しました。
しかも、2冊。

「先生も、先生から、サインをもらっておくんだ!」と、わけのわからない文言で。

たけだ先生の名誉のためにいいますと、578さん江の「江」は、私が指定したものです。
あとは先生にお任せします、と。

・レシピは大事よ
・レシピはパクらないようにしましょう
・粉は心

なんでもいいです~
サインをお願いします!と、みお先生にお願いしたら、たけだ先生も快く、お引き受けくださいました。

ウレシー!
家宝だ!

ずっと、ずっと、穴があく位、たけだ先生の★★ブログ★★を見ていた私。
とにかく、ここまで、大公開していいのか?ということがたくさん、書かれています。



そして、なんとなんと、みおちゃんからの言葉で、また、びっくり。

「先生のアシスタントさんが、25kgのパンの粉袋を使っちゃう人で、
アシスタントさんから、5-ちゃんのこと、聞いたことあるって。
先生、5-ちゃんの名前知ってたよ
赤文字のとこ、耳の中で、エコー付きでリピート。

わたしは、底辺の住人ではなかったようです。
えええ!
そうなの!!

パクらず
曲がらず
誤魔化さず

ブログを続けてきてよかった!と思った瞬間。

6/21から、勝手に3連載。

パンを送るとき、慮って。。。いまなら、忖度というのでしょうか。
レシピもつけて、送るようにしています。

私が交流する人々は、レシピを教えて!なんて、軽々しく聞く人ではないと、わかっているから。
でも、だからこそ、知りたくて、焼きたいだろうな、と思う。
人によっては、それは、お節介と、とらえるかもしれない。
それなら、それでよし。
気持ちの受け取り方まで、私は強制はできないから。
でも、たいていは、予想通りで、レシピも実は聞きたかったと、返信が来ます。

親切だ、とか
すごい、とか
なんで、ここまで?とか
なにもお返しできなくて、とか

言われます。
でも、そう思われたくて、しているのではありません。
先に頂いたのは私ですし、そのお返しをしたまでのこと。

人様があげてくださった、情報やレシピを大事にする
私自身への見返りを求めない

その先にあるのは、たったひとつだけの想い。
それは、最愛の人々に還ってくればいいなということです。

因果応報よりも、もっと、深いもの。
自分がしたことは、良いことも悪いことも、すべて、自分に還ってくる。
しかも、悪いことには、利子が付きます。


私の母は、天罰ってのは、自分の身に降りかかってくる位ならまだマシな方で、
神様から見捨てられていない。
本当に厳しい天罰は、自分にではなく、子供とか、最愛の存在に降りかかってくる。
だから、努努(ゆめゆめ)他人様に意地悪なんかするなと、いろんな折に私に言ってました。


とある場所で、見つけた言葉です。
言葉の違いはあれど、私の母もよく言います。
そのちゃんも、よく言います。

私が、
こんくらいのこといいだろ?
みんなやってるし。
わたしだけじゃないし。


軽々しく、罪悪感もないまま、他人を無視した言動のひずみが、私に還ってくるなら、まだいい。
でも、そうではない。
無関係の者に、還ってくる。
私のずるい行動の反動が、わが子に還ってほしくない、ただそれだけです。
わが子に、廻り廻って、いい形となって、還ればいい。

掟を守る、その先には、その想いだけ。
あらゆる不運から、わが子を護る手段は、私の形のない信用しか、ないのです。

家から一歩、外に出たら、私は、わが子を守ってあげることはできません。
様々な危険な目に遭っても、寸でのところで、救われるには、たぶん、私の日頃の行動次第。
私のズルしたツケを、わが子に降りかからないように。。。。


自分の過去と相手は変えられない。
だから、自分が変わるしかない。
よって、パスワード制の記事を作ることにしました。
こんな地味ブログでも、情報を参考にしてくださった皆様には、本当に申しわけありません。


人間関係の悩みは、特に解決策があるわけではないから、分かり合える、わかろうとしあえる存在が全て。
そのなかで、ひっそりと、存在することにします。

53歳ですが、傷つきます。
世直しもしますが、傷ついてます。
人様にマイナスな言葉を口にするときは、自分も傷ついているんです。
傷つく覚悟で、申し上げています。
自分の耳が、一番、そばで聴いているのですから。


情報搾取、レシピぐらいで、なに語ってるの?という疑問。
ええ、それぐらいのことです。
でも、それぐらいのルールも守れない人は、どんなルールも守ることができていないと思う。
ルールや掟に、大きいも小さいも、重要もへったくれもない。


どんなに言葉を連ねても結果はひとつ。

わかる人に、わかれば、それでいい。

スポンサーサイト
いただきまっす | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
津・・・鍵コメさまへ
お元気でしたか?
昨シーズンは、あそこのりんごは、ちょい、さびしかったですね。
皮膚科も、子どもが自分で運転していくようになったので、
全く行っておりません。

SNSとの関わり方というのは、
地方から都会に出てきた人間と似ているような気がします。

警戒しすぎると、なじめない。
かといって、心全開、お人よしでいると、なめられる。

さらに、コメントのやり取りなどは、
保育所・幼稚園の駐車場を連想します。
いいとか、悪いとか、そういうことではなくて。
きっと、流された方が、楽なんだろうなと思うのですが、
わたしは、なじめません。

もう、小言をいって、どうにかなるような年齢のわが子たちではないので、
わたしは背中を見せるだけだなと思います。
今でも、小学校に言っていますが、
ガム噛んでる保護者って、なんだべね?
哀しくなる。
よろしかったら、←のメールフォームに、連絡ください。



管理者のみに表示