578 粉屋 2019年06月
FC2ブログ

*初めての北海道 ~長いですよ~

5月末~6月初旬に、ほっけーどーへ帰省してきました。
結婚して、約20年。
この時期に帰省するのは、初めて。

名古屋在住の甥とも、久しぶりに再会して、んで、わが子2人と計4人で、甥のおすすめの居酒屋でガンガン飲む(もちろん、5二郎(ごじろう)以外)

友達がバイトをしていた店で、おいしかったよ~という、甥のおすすめ通り、本当においしかった。

いぶりガッコとクリームチーズ
DSC_1029a.jpg

梅キムチ
DSC_1030a.jpg
キムチに、梅と、らっきょうが入ってた。


ブロッコリーのたらこマヨ ホットサラダ
DSC_1031a.jpg

ジビエのたたき
DSC_1032a.jpg
ほっけーどーといえば、ジビエ。
臭くなーーーい!と、みんなで大絶賛。
お代わりしました。
DSC_1027a.jpg
お義父さんの大好きな生ビールも、余分にオーダーしとく。


翌日の昼食。
わたしは、ラーメンに対しては、正統派なので、しょうゆラーメンをオーダーしましたが、
男性陣は、いま、苫小牧で一押しの「カレーラーメン」をオーダー。
DSC_1033a.jpg
へぇー。
へぇーーーー。
ほーーーーー。

というような味。
わたしは、やっぱり、普通のでいいです。




2日目のお昼は、「いきなりステーキ」へ。
DSC_1035a.jpg
お義父さんは、必ず、生ビールがセットなわけですよ。
ほっけーどーに来ると、朝以外は外食なので。。。体重増。


3日目は、毎夏、お義父さんが、いろいろ、買ってくれる市場へ。
しかし、市場は閉店していて、食堂になっていました。
DSC_1040a.jpg

わがままは、いいんだけどね。
価格も、わがままになっていて、ちょっと、躊躇しちゃいましたが。。。
DSC_1041a.jpg

食べてみるべ!で、入店。
DSC_1036a.jpg

チップ、うに、マグロの三種盛り。
DSC_1037.jpg
マグロが、白いのよ。

カニ、ほっけ、チップ、マグロの四種盛り。
DSC_1038.jpg

チップ、うに、サーモン、マグロの四種盛り。
DSC_1039.jpg
チップって、ヒメマスのお刺身のことなんだって。
マス=生臭いもの と、内陸に住むもりょーが人にとっては、敬遠するところですが、
これが、なんと、おいしくて、びっくり!
隣のテーブルの、おじさんライダーたちも、うめぇうめぇを連発してた。


その翌日。
みんなで、いろいろ、たくさん、働いたので、この日は、遠出しました。
札幌に遊びに行っている甥と、待ち合わせ。
DSC_1043.jpg
途中の支笏湖で休憩。
快晴で、とても気持ちがよかった。

今日のミッションは、コチラ。
DSC_1045a.jpg
月寒(つきさっぷ)にある「ジンギスカンクラブ」

先に来ていた甥が、「駐車場、満車になっちゃうよー。90分待ちだって」
DSC_1046.jpg
まだ、11時だというのに、90分待ちとは、これ如何に?

受付のおじちゃんが拡声器でご案内。
「本日、従業員が運動会および学校行事のため、4名休んでおりますので、お時間かかります~、申しわけありません~」
DSC_1047.jpg
もうすでに、戸外でジンギスカンを食べて盛り上がっている人々は、何時にきたんだろう?
ってゆーか、朝食なしできたのか?

並ぶのを苦手とする、お義父さんだが、耐えていただこう。
DSC_1048a.jpg
こんなに混むようになったのは、もう一軒のジンギスカン料理店が閉店したのもあるけれど、
★バナナマンのせっかくグルメ!!★も、あるんだって。
そう、わたしも、これを見て、チェックして、来たんだもの!

このような感じのメニュー体系。
DSC_1051a.jpg
小さな俵型だけど、おにぎり付きっていうのが、いい。
店員さんも、お客さんにも便利。

お腹が減り過ぎて、がつがつ食べたので、肝心のジンギスカン画像は、ナシ。
DSC_1049.jpg
で、タレ画像のみ。

日村さんが、このタレ、、うめぇぇえ!って、大絶賛してた。
たしかに、甘さがなくて飽きない味。
でもな、これなら、小岩井農場もおいしいと思う。
ま、みんなで食べたら、なんでもおいしい。

お義父さんと一緒に、わたしも、生ビール。
DSC_1051b.jpg

で、このあとも、日村さん絶賛の八紘学園のソフトクリームを食べに行く予定でしたが、
甥が「ソフトクリーム専門店あるよ、おいしいよ」という言葉で、変更。
場所を聞いたら、「北海道神宮のそば」というので、神社を無視できない私としては、ぜひ、寄って行きたいところ。
腹もこなれるし、行くべ!行くべ!


北海道神宮
DSC_1052.jpg
毎年、帰省したいたというのに、わたしは、北海道の神社に足を向けたことがなかった。
内地とは違い、そこここに、神社ってないのね、北海道は。
そのせいもあるだろうけど、頭の片隅にもなかった。
でも、今回、なにかに導かれるかのように、みんなで来ることができました。

ああ、好きだわー、この神社。
DSC_1053.jpg

厳か。
DSC_1054.jpg

リス!
DSC_1056.jpg

かわいい~♡
DSC_1057.jpg
と見つめていたら、この後、「カッ!」と、私を威嚇してきた。
小さい動物って、体が小さいだけで、性格は、結構、獰猛よね。。。。。


で、お待ちかねのソフトクリーム専門店 ★BANES★
DSC_1060a.jpg

並んでる!
DSC_1058.jpg
「いや、これは、まだ、いいほうだよ。夏なんか、すごいから」

ソフトクリーム専門店という、潔さがすばらしいですよね。
たった一つのもので勝負するという、その姿勢が。

カップ、コーン、ワッフルコーンから選択。
ミルクソフトと、季節の限定ソフトのみしかありません。

コーンの。
DSC_1061.jpg

わたしは、ワッフルコーンが好きなんで。
DSC_1063.jpg
しかし、ワッフルコーンが、予想外に大きくて、ゆえに、ソフトの量も多く、ちょっと、困った。

東京のおしゃれな雑貨屋さんで働いているような女性たち、4人で頑張っているお店。
センスのある店内で、これは、人気がでるわー。
でも、ここは。。。。彼女や彼氏(クラゲーと同じ発音で)と来てこそ、おいしさを感じる場所だね。
このこじゃれた感じは、わたしには必要ないかな。

やはり、わたしにとって、「安比高原のソフトクリーム」が不動の1位だ。
安比高原スキー場、または、花巻空港の安比高原系列のレストランで食べることができます。
機会があったら、ぜひ。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



帰るよ。
久しぶりの空路でやってきた、新千歳空港。


最後の食事は、それぞれに。
子供たちは、ラーメン店。

わたしとオットは、カレーとナン。
DSC_1067a.jpg
ここは、2階のフードコートですが、おいしんですよ、ここのナン。
以前、ここで、食べて、すっかりファンに。

右側のライトで照らしているところに、タンドォールがあって、インド系の人が専門に焼いているのです。
DSC_1066a.jpg

野菜カレーに、
DSC_1068.jpg

チーズ入りのナン。
DSC_1070.jpg
おいしいかった。

「それは、なんなの?」
「ナンっていう、パンみたいなもの」
「ナン?変わった名前だべさー」

お義父さんと会話、した。



千歳空港に来るのは、とても、久しぶりです。
5二郎(ごじろう)が、中学生になって、帰省代の縮小のためにフェリーへと変更したから、ほぼ6年ぶり。
DSC_1073a.jpg
休みなしに稼働している、滑走路。
相変わらず、にぎわっている新千歳空港。

何を見るでもなく、手に取るでもなく、わたしは、人の波に押されながら、だらだらと、涙を流して歩いた。
拭うこともせずに。

そして、たどり着いたところは、空港での待ち時間に、いつも座って過ごすテーブル。
私は、人目もはばからず、ひとり号泣した。
そこは、「荷物番してるから、買い物しておいでー」と、お義父さんが、いつも座って待っていてくれていた、テーブル。

もう、その姿を見ることはできない。

お義父さんは、黄泉の国へと旅立った。


→続きを読む

スポンサーサイト



ワタシのこと

5-

Author:5-
粉が好き。
粉モノ作りなら、なんでも、手を出す、
もりょーが在住のかあさんです。

最新記事
コメントありがとちゃーん♪
カテゴリ
ここで調べてねー★
メールフォーム
コメント欄同様、コチラもご活用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR