*山食×2

2016/09/30 Fri 10:10

お久しぶりの、5-山。
P1320932.jpg
前回、酵母液を減らしたくて、ホップ種を倍量入れたら、
さらに、マイルド、ふんわりになり、これからは、これでいこうかな。。。というところ。

粉の配合は、ちょっと、調整かな。
P1320939.jpg

ふんわり感を増量させたかったのは、たまごサンドのために。
P1320942.jpg
5二郎(ごじろう)が、
「ああ~、セブンイレブンのたまごサンド、食いてぇぇ」と言ったのを、おかあは、聞き逃さなかったよ。

小さいときは、目を離さず、
大きくなったら、ちょっとの言葉も聞き逃さないようにしていました。


あと、半年少々で、義務教育が終わります。
長男と合わせて、あしかけ10年、長かったような、あっという間だったような。

長かったと思うのは、子ども会かな。
足かけ10年です。
行事を考えるのも、参加するのも大変だった。

不平不満の調整。
でも、長くいると、だんだん、言いやすくなるのね、年長者の言うことは、聞いてもらえるのね。
そこは、歳を重ねてよかったことです。

一番、返答に困ったことは、リサイクル活動。
早朝、家の前に出してもらっている、アルミ缶を収集して歩いたときに、
「おかあさん、どうして、@@君ちは、いつも来ないの?」という、長男の言葉への返答。

食事のでる行事には出席しても、集会や、年に何回かのリサイクル活動さえも、参加しないお宅でした。
わが子たちは、スイミングのある土曜日でも、参加して(させて)いましたし、
スポ少の子も、ユニフォームを着て参加してたし。
不公平だなーと感じていたんでしょう。

「お手紙が、届いていないのかもねー」
そう、答えました。

学校では、平等・公平という教育を受けつつも、社会では、不公平を感じることが、たくさん。
頑張ったからって、報われることなんて、少ない。
でも、約束は守らないといけないからと、親子でいつも参加していました。
約束には、小さいも大きいも、ないんだよと、言いながら。

でもね、一番、約束を破りたかったのは、私だったのです。
いろんな約束事から、あと、もう少しで解放されるのが、ちょっと、うれしい。



残っていた、キタノカオリでワンローフ。
P1320962.jpg
肌荒れでもいいのです。

自家製パン粉にするためだから。
P1330001.jpg
人気のキタノカオリですけど、
もっちゃり、口のなかに残る感じが、私はどうも苦手で。
焼き方があまいせいでしょうか。。。ということで、粉の整理もあって焼きました。



昨年できた、近所の無人販売。
P1320966.jpg
全部、いつでも、200円。
質が、とっても良いのです。
ありがたや。

それなのに、泥棒が居て、
今年は、きっちり、防犯カメラが設置されていました。
なにやってんだ?大人たちよ!
スポンサーサイト
★酵母にて | コメント:(4) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »