578 粉屋 2016年07月
FC2ブログ

なおちゃんに捧げる コムシノワ

以前、なおちゃんが、初めて作っているという、コムシノワについて、メールをもらいました。
「デロデロで、いいんですか?」と。
「いいんです」

しばらく経って、「こんなでしたー」と、画像が。

それは、だめなものでした。

あれは、ちょっと緩い生地で、だからこそ、おいしくてね。
何度も焼いて、わたしなりコツを記しておきます。

この時期は、計量した粉類を冷蔵庫へ保存。
水は冷水(氷水)を使用しています。

ニーダーで捏ねあがったら、中ボウルに移し、1次発酵。
P1300857.jpg
この辺で、冷蔵庫へ移動します。


冷蔵庫移動後、約8-10分くらい。
P1300858.jpg
ここで、2次発酵の終了とします。
冷蔵発酵すると、生地が扱いやすくなりますので、その後の作業がスムーズのため、
わたしは、このような作業手順をとっています。
(本の通りではありません)


分割は、わたし好みの食感にするため、余りパンを出しています。
P1300859.jpg


2次発酵は、このくらいに、
P1310227.jpg

したら、ちょっと、カックンに!
P1310230.jpg
新しい生イーストだと、ちょっと、戸惑います。
ホワイトラインを出すには、もうちょっと、控えめにするべきでした。
ま、私にとっては、平常運転ww

粉も生地も冷やしたほうが、家庭で作るコムシノワは、上手に焼けるような気がします。
あくまでも、私なりの方法ですので、クレームは、ノー39で、お願いします~~

レシピは、コチラ↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

パンの教科書 [ 西川功晃 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/7/24時点)



ワタシのこと

5-

Author:5-
粉が好き。
粉モノ作りなら、なんでも、手を出す、
もりょーが在住のかあさんです。

最新記事
コメントありがとちゃーん♪
カテゴリ
ここで調べてねー★
メールフォーム
コメント欄同様、コチラもご活用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR