茜丸業務用あんこ販売店の季節の餡子モニターの体験をしました。

モニター体験なんて、わが人生初です。
まさか、この年齢で、お初があるとは。。。これからの人生も、楽しみ。

5種類の餡子を頂きました。
そのなかで、今日は、
・茜丸匠味シリーズ 紀州梅あん(500g)を使用。


うーむ、何にしよう???
初めての梅あん。。。洋より和かな???と、和菓子に挑戦!

★簡単!練切!!★

@道具@
・固く絞ったガーゼ(サラシ可)
・ストロー
・ボウル 3個
・ゴムベラ 1本

@材料@
<求肥用>
・白玉粉 20g
・水 40g
・砂糖 40g


<練り切り用>
・↑で作った求肥 10g
・紀州梅あん 100g
・紀州梅あん 10g×3個
・食紅・・・赤(水で溶いておく)
・食紅・・・緑(同上)
・打ち粉・・・片栗粉


<手順>
1、ボールに青字を入れて、ラップをかけ、500w50秒加熱。
  一度、取り出して混ぜて、さらに、90秒加熱。
2、取り出して、よく混ぜる。
  触っても、指に付かないくらいの固さになったら、完成。
  10g取って、あとは、片栗粉をつけて、ラップで冷凍保存などする。

作り方 参考↓
Cpicon 基本のぎゅうひもち (求肥) by ゆきらいん

3、紀州梅あんをボールに入れて、様子を見ながら、約3分加熱する。
  取り出して、かき混ぜながら、粉が吹いた状態になるまで、水分を飛ばす。
P1040838.jpg

4、そこに、↑で作った求肥10gを入れて、よく混ぜる。
  なめらかになるまで、よく混ぜる。
P1040839.jpg

5、完成したら、25g×3個と、残りを2等分する。
P1040840.jpg

6、2等分したものに、色をつける。
  少しずつ、様子を見ながら、淡い色にする。
P1040841.jpg

7、ストローの先に、打ち粉をつけて、2色のものを、9個ずつ(お好みで)型抜きする。
P1040842.jpg

8、固く絞ったガーゼに、3分割した練り切りを置き、その上に、10g分割した紀州梅あんを置く。
P1040843.jpg

9、あんを包み込んだら、ストローで型抜きした練り切りを、軽く埋める。
P1040844.jpg

10、ガーゼで、テルテル坊主を作る要領で丸めたら、返して、きゅっとすぼめ、茶巾絞りにする。
P1040846.jpg

簡単!練り切り!!の完成です。
P1040847.jpg

梅あんということで、春をイメージしてみました。
色付けは、お好みのお色で、どうぞ。
P1040848.jpg


和洋カップに入れたら、なんだか、買ってきたみたい。。。
P1040852.jpg

型抜きで余った練り切りも、あんを包まずに、茶巾絞りをして、活用。
P1040853.jpg


ふんわり、おいしい和菓子が、できました。

材料や手順を見ると、時間がかかりそうですが、30分もあれば、完成できますし、見た目ほど、手間もかかりません。
材料や道具も、スーパーや身近にあるものでできますので、工作感覚で、ぜひ、どうぞ。
ほかにも、サイトで、たくさん、紹介されています→http://anko-recipe.com/

ぜひぜひ、試してみてください。

さてさて、次は、パンで試作してみよ~。



あんこ専門メーカー茜丸ファンサイトファンサイト参加中


にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
お菓子 | コメント:(10) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »