578 粉屋 たまには、ハードで
FC2ブログ

枝豆リュス

久しぶりに、あれを食べたくなったので、焼きました。

アレ➡枝豆チーズリュスティック。
P1470717.jpg
レシピを読み直して、成型もきちんと、予熱もピザストーンを使って、被せ焼きにしたので、モリモリに。
クープは、こんなですけど。

おいし。
P1470718.jpg


レシピはコチラから↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ズボラでOK! 手作り酵母のパンとお菓子【中古】
価格:5048円(税込、送料無料) (2019/10/18時点)




最近は、元種を起こしていないので、今回も酵母エキスだけにしました。
その酵母も、いまは、ホップ種とルヴァンエキスしかないので、それらを混ぜて。

元種には恐怖を覚えるので、作らなくなった。
楽しくなくなるから。
元種のほうが、ふんわりしておいしいのだけれど。

それでも、自分ではおいしいと思うので、リュスに関しては、この作り方で焼こうと思っています。
スポンサーサイト



お久しぶりのデュカ。

ああ~~、やっぱり、香りがいい~!
P1460630.jpg
お久しぶりの★デュカ★入りカンパ。


ソフト仕様にしたので、食べやすいです。
P1460634.jpg
老若男女、
都会の人も、
イナカの人も。


こんなだったから、掻っ捌いたけどね。
P1460616.jpg
成型が、だめなのはわかっているけれど、
でも、やっぱり、ガスオーブンでのハードパンは、バックリさせるのはむずかしい。
蒸気使うと壊れますしね。。。。。

でも、売り物じゃないし、
わたしは、だれとも競ってないんで、まぁ、いっかーというところです。


すぐやる課


作りたいリストを満タンにする私にしては、早かった。
掲載後の翌日に、焼きました。
★ライ麦パン:60%★
P1450918.jpg
材料も何気に揃っていたし、
なにより、ちょい苦手なライ麦系が、どんなおいしさなのだろーと、好奇心もあったから。

ときどき、すぐやる課所属になる、オレ。

これね、おいしーーーーー。
いろいろ、うんちくはわからないのね、何度読んでも。
わかる気がないってゆーか。
なにものにもなろうとしてないので、おいしければいいやという、立ち位置ですし。

酵母パン=かてぇ という概念を変えましたよね、あんこさんのレシピは。

カット前の全貌は、こんなでしたけど。
P1450916.jpg
同じガスオーブンという器具ですが、機種が違うので。。。
やっぱり、私は「被せ」をしないと、クープは、こうなるみたいです。

レシピ通りに焼きたかったので、予想はしていましたが、あかんでしょ。
でも、人様に差し上げるときは、掻っ捌けばいいか。


そうしよ。




メイプルプチハード。

★これの★メープルVer.を焼きました。
P1450733.jpg
やはり!
プリンカップに、油脂を塗布したほうがよいのだ。
ガスオーブンなので、当たり前の、クープのっぺりだけども、コロンと焼けた!

おいしいーーー!。。。。。。と思ったら、

塩を入れ忘れた模様です!!
残念無念。
しかし、今回の焼き方の方がうまくいくし、前回と変えたことが〇とわかっただけでも、ヨシ!としよう。


暖かさで、ぐんぐん、伸びたホップ。
P1450789.jpg
間引き&誘導しないとな。


右でもなく、
左でもなく。

まっすぐでもなく、
曲がってるわけでもなく。

だがしかし、〇〇最後!□□初!とか、もう。。。。本当に、おなかいっぱい。
いいから、もう、そゆの。

丁寧に。

で、昨日の眉ばさみは、なにに使ったかというと、これ↓
P1450671.jpg
クープ用に、必須だったんです。

<黒蜜のハードプチパン>
微サフ
一晩発酵
型入れのハードパン

最近、ガス焼成でのハードパンが調子よかったので、
これも焼いてみたら。。。。こんな┐(´д`)┌ヤレヤレ

被せ用の缶の高さが合わなくて、
まんま、焼いたのですが、やはり、熱風で、ひきつった模様。
ガス焼きは、被せが必須ですな(私の場合)

で、プリンカップに入れて焼くのですが、
打ち粉を多めにして入れるとしか書いてなかったから、その通りにしたわけです。
”油脂を塗布しなくてくっつかないのかなぁ”と何度も思ったのですが、
レシピ通りにしないと!と、まんま、型入れに。

で、こんな↓
P1450678.jpg
案の定、くっついて取れない。

やっぱりな。

まずは、レシピ通りに!と思っているのですが、これは、なんで???
と、もう一度、本をスケベ読み(じっくりと、じっくりと)したら、
本のプリンカップは、テフロンのようでした。

じゃあ、わたしの普通のアルミカップじゃ、だめでしょーーーーー。
次回は、そこを改めて、焼きたいと思います。

味は、いいねぇ。
食感も柔らかくて、いいねぇ。
ソフトなハードパンっていうの?

ソフトでハードってのが、そもそも、意味ないと思うけども。

黒蜜が、じんわりと口の中で広がってきて、オイシ。
なにより、型入れしたハードパンって、
こんなにしっとりになるんだーというのも、新しい発見。
別なのも焼いてみよ。


              *******

初めて焼くパンは、致し方ない。
持論というか、やはり、3回は作らないと、納得した完成品にはならないと思う。
わたしに限っては、5回かな。

人より、いろんなところが鈍くて、掴む時間もかかると自覚しているので、
初めて作るもの(パンに限らず)は、失敗しても致し方ないと、覚悟をして作っています。

失敗するだろうなぁ、ではない。
どうせ、うまく焼けないだろう、でもない。

うまく焼けなくても、次回、成功に近づこうぜ、オレ!です。

この辺の違いは、似てるようで違う。
おすぎとピーコぐらい、違うと思う。
離婚を考えて結婚しないと思いますが、それとおなじというか(飛躍しますな)

プロではないし、おうちパンですからね。
でも、ある一定の緊張感をもって、臨んでいます。

そらままさんのレッスン後も、
みおちゃんとこのレッスン後も、
帰宅後に復習しますが、初回でうまくいったことはありませんでした。

見ていたようで、見ていない。
聞いていたようで、聞いてない。

だいたい、PCの画面の向こうの、あこがれの方を前にして、レッスンの内容など、完全に頭に入るわけがない。
(そらママ。さん、みおちゃん、私、あれでも、緊張していたんですよ)

ぐるりと、お部屋を見まわしてみたい衝動を抑えつつも、落ちこぼれ生徒にならないように。。。という、気を付けるほうを間違ってないかい?状態で、
レッスンの内容など、完璧に覚えられるわけがない。
だから、焼くしかないんです。
焼いて焼いて、反省点を記入して、次回につなげてゆく。

結局は、遠回りが一番の近道。


こうして、粉と戯れるようになって20年以上になりますが、よくがんばってるなあ、オレと、思います。

雑なO型
計量なんて大の苦手
そんな私が、日々、計量する趣味にハマるとは。

高校の制服は、セーラー服だったのですが、
夏服は襟を取り外して、白い部分は毎日洗濯後、アイロンがけをせねばなりません。
雑な私、横着することばかり考えていた私は、
袖と、白い部分の下部だけ、アイロンがけをしていました。
上部、つまり、襟元は、セーラーで隠れるわけですから、アイロンしなくてもいいや!と。

ある日、そのすばらしい小技をしているところを、母に見つかり、大目玉をくらいました。
「そんなんでは、嫁にいけない」と。
見えないところも、大事なんだと。

そんな私が、毎日、計量だなんて!?
人生わからぬものです。

いまでも、計量は苦手です。
お教室のように、計量したあとから、参加したいくらい。
でも、仕方ない。
作るというのは計量が必須ですから。

その計量も、当初は非常に雑でした。
ここは克服せねば!
自分でそう思った。

どうやって、努力していったかというと。。。。。

メモは丁寧に書く。
わからない漢字は、必ず、調べる。
鉛筆書きの訂正は、必ず、消しゴムを使って訂正する。

です。

え?と思うでしょう?

でも、雑な私は、日常のそういうところから、気を付けていかないと、
直らないです、きっと。

メモは、未来の誰かが目を通す・・・・誰かは、自分や他者。
カレンダーの予定に、懇親会と書くときなど、「懇」が書けない、だから、調べて書く。
わたしは、とにかく、提出書類以外は、鉛筆を使うのですが、誤字脱字のときは、二重線で消すんじゃなくて、消しゴムを使って消して、書き直す。
だって、鉛筆ですから・・・消せるのですから。

今も、この3点は、努力しながら続けています。
そうしないと、すぐ、わたしは、雑になるので。

丁寧にするように、する。
そう、意識しながら、過ごしています。



ワタシのこと

5-

Author:5-
粉が好き。
粉モノ作りなら、なんでも、手を出す、
もりょーが在住のかあさんです。

最新記事
コメントありがとちゃーん♪
カテゴリ
ここで調べてねー★
メールフォーム
コメント欄同様、コチラもご活用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR