578 粉屋 「パンの神髄」より

卒業します。

ルヴァン種を継いでいたのですが、体調不良で、パン作りができなくなり、酸っぱくなって、お亡くなりに。

で、新たに、起こしたのですが、大会送迎やGWのご飯支度で、リズムを掴めなくなって、3日ほど放置。

だめだべ?

どうして、酵母が完成すると、パン焼きができなくなるのか?

丸パンならいいかなと、★こちら★と同じ配合で、レーズン丸パンを焼きました。
P1230413.jpg
むっちむちで、深みのある味。
あ、おいしい。。。。
ん?

味の向こう側に、かすかな酸味が。。。。。。。


あかんやん。
だめやん。

つか、
ホップ種
酒かす酵母
生イースト

で、いっぱい いっぱい。

ルヴァン種、卒業します。
入学もしてないけど。

やっぱり、追い立てられて、パンは焼きたくないんです。



                         *****
友だちのCさんから、★チロル★のチーズケーキを頂きました。

「作ることができるだろうけど、たまには、お店のも食べてみて~」って。

以前、こんなに有名になる前、食べたことがあります。
P1230405.jpg

ああ、もう、緊張します。
こういう紙が、のっかっていると。
和菓子とかも、和紙がのってますが、イナカモノには、堪えます。
P1230406.jpg
分不相応な気がして。

わぁ、かわいい!
P1230407.jpg

やわらかいから、スプーン指定なんですよ。
P1230411.jpg

おいしーーー!!

ごちそうさまでした。

スポンサーサイト

どよーーん2。。。でも。。。

ルヴァン種で、山食を焼いてみました。
P1230149.jpg
ちょっと、時間がかかったので、もしや。。。

なんか、ちょっと、酸っかい香りが。
いや、ピロピロのとこ食べてみたら、やっぱり、酸っかい。
P1230154.jpg
でも、押すと戻らないくらいの、しっとりさなんです。

なんか、どよーーーーん 2。

でも、まぁ、自分ちのですし。
チーズトーストと、焼かないので。
P1230193.jpg


んめぇーーー。
んめぇ5
おかあさん、花粉症もようやく、落ち着きましたね。


味の向こう側に酸味があるんですけど、どうなんですかねぇ。


どよーーーん。

パンの神髄より(カテゴリを作りましたよ)

初めての、
人生初めての、ルヴァン種で、パン・ペイザンを、ガスオーブンで。
P1230197.jpg

どよーーーーん。

本とは、ほど遠いものが焼けた。
ガスオーブンで、カンパが、いまだ、うまく焼けない。
しかも、上下間違っちゃって。
なにもかも、だめ。

だが、しかし。
P1230200.jpg
い~い香り!

そして、このツヤなとこ。
P1230203.jpg
ちょっとちぎって食べてみたら、酸味はない模様。

ルヴァン種の味って、どんなかも知らず、焼く、オレ。
これが正解なのか??????

減ってきたので、足す(適当?)
P1230194.jpg
らでぃか粉を入れると、なぜか、ものすごく、ぶくぶくになるんです。
なんでだろ????

次回がたのしみ~~と思っていたらば、
このあと、3日間、高熱でダウンしたのであった。
ワタシもルヴァンもチーーーーーン♪(たぶん)



まだまだ、初体験

★★コチラ★★の本から。
P1230033.jpg

ルヴァン種が悪くならないうちに。。。っと(こうして、酵母地獄に突入してゆく)

今度は、チャバタを。
P1230048.jpg
これは、もう、何年も前から、焼いてみたかったパンのひとつでした。
でも、次から次へと、作りたいものが出てきて、いつも、後回し。
今度こそ!

これが、もう、ネロンネロンで。
どうにもこうにも、私のウデじゃ太刀打ちできず、こんなちんまりさ。
しかも、気泡が、炭酸みたい。
P1230053.jpg
シュワシュワ~~

味はいいけれど、これは、どうみても失敗でしょう。
加水を替えてみて、作りなおしてみよう。


お次は、ピーナッツバター山食。
P1230054.jpg
チャンク入りのバター推奨でしたが、手に入らなかったので、普通のピーナッツバターで。
ピッカピッカの山は、焼成後すぐに、ショートニングを塗ったためです。
こういうやり方もあるんですね~。

ワンローフで。
P1230055.jpg
部屋中、ピーナッツバターの香りでいっぱいで。

さぞ、おいしいに違いないだろう。。。。。
P1230062.jpg

これが!

まったく、好みの食感ではなく、
口の中の水分が、すべて持ってかれるようなクラムだったのです。

はっ!?
そうだ!
以前にも焼いたことがあったんだ!!
バターとつくから、バターの代わりでもOKだろうと、焼いたことがあったんだ!
味は。。。。
不味かった。

そのときの記憶が蘇る。
(レシピ考案者の先生、スミマセン)油脂は油脂で、きちんと入れたほうがいいと思います、わたし。
ピーナッツバターは、風味付けの役割にして。

しかし、この場合、
この山食は、どうしたらいいものか?

それを考えるのも、また、楽しー(と思うことにしよ)

次の次の初体験


ルヴァンで、クランベリー山食を焼く。
P1220988.jpg
普通にモリモリ。

ルヴァンって、思っていたよりも発酵時間が短いことに驚く。
P1220989.jpg
1CW+ヨット+らでぃか粉グラハム粉
クランベリーは蒸して。


わぁ、しっとり~。
P1220992.jpg
おいしー。
すごく好きな味。


次は、レーズン山食を。
P1230003.jpg
ルヴァンを150gも使用するので、
どうも、1斤じゃ無理っぽと、ひさしぶりに1.5斤を出した。


モリモリ~
P1230012.jpg

腰倒れしてるのは、ご愛嬌。
久しぶりの1.5斤型だったもんで、時間調整を忘れてしまったー。
P1230022.jpg
でも、普段から、焼きが甘い方が好き。


お~お、しっとり!
P1230024.jpg
なんだろ、この香りのよさは。。。。。。。


レーズン山食は、そのままで。
クランベリーは、トーストしてみました。
P1230028.jpg
わぁ、おいしーーー!


ということで、
「パンの神髄」の神髄に迫ろうと(ややこしい)
ルヴァンエキスを、また継ぎました。



今度は、なにを焼こう。。。。。
P1230033.jpg
購入問い合わせ先は★★こちら★★へ。



ワタシのこと

5-

Author:5-
粉が好き。
粉モノ作りなら、なんでも、手を出す、
もりょーが在住のかあさんです。

最新記事
コメントありがとちゃーん♪
カテゴリ
ここで調べてねー★
メールフォーム
コメント欄同様、コチラもご活用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR