578 粉屋 ★生イースト

白い角食

卒業式前。
すき間時間で焼いた、角食。
P1360135.jpg
手順は面倒なのですが、おいしいのです。

Cpicon 耳まで白い☆ふわふわしっとり角食白パン by 凪りぃ
P1360141.jpg
余り生地を出すのを、忘れて。
下部が、詰まってます。
それで、ふんわり感が、いまひとつ。



久しぶりのジャム作り。
P1360175.jpg

りんごとカレンデュラのジャム。
P1360171.jpg
食用菊が食べられないワタシですが、これは、とても気に入っているのです。
ふわんと、柑橘系の香りがするところが。

コチラから↓


お茶にもいいみたいです。


スポンサーサイト

リバーシブル

いつもの、コムシノワ。
P1360080.jpg
ふんわり感をめざして、余り生地を出しています(レシピにはありません)


あら?
P1360097.jpg
なに、この偏った豆たちは?
とは、言わないでね。

鹿の子ミックスが、微妙な量で余っていたので、2分割の1つに入れました。
こっちから切ると、プレーン
あっちから切ると、豆入り。


リバーシブルみたいで、いいべ?
1つで、2度美味しい。
P1360105.jpg
茶色いのは、コーヒーソフトを塗ったから。


コムシノワの豆入り、おいしい。
P1360103.jpg


5―山と、コムシノワだけ、焼ければ、私はいいや。

出自不明

PCのお気に入り、スマホのスクショをして、あとから、作ろう!と思っていても、
結局、忘れていくので、私は、ノートに書き留めていきます。
出自も、忘れずに。

なのに、これは忘れちゃって。
P1360031.jpg
きな粉と黒ゴマの食パン。

切ってるそばから、香りが、ぷんぷん。
書き留めてレシピには、黒ゴマでしたが、私は、半量、黒すりごまに変更しました。
P1360034.jpg

そのせいか、食べて瞬間から、ゴマの風味が口いっぱいに広がる~~
P1360036.jpg

確か、山食でしたが、私は、トヨ型で焼いてみました。
P1360024.jpg
余りパン2個出して、ふんわり食感をめざしました。


家族にも好評で、でもって、レシピの出自も、ここでお知らせしたいのですが、やっぱり、思い出せず。
ああ、残念だわ~~

懐かしのグラハムブレッド

ドライフィグ入りのグラハムブレッド。
P1360014.jpg
グラハムは、前処理をしてます。

焼いたのは、何年振りだろう。
P1360011.jpg

特に好きでもないのに、ハードパンばかり焼いていて、忘れていた。
P1360009.jpg


これは、私の原点の本から→
久々に手に取ってみたら、焼きたくなりました。

いつも、ないものは代替えするのですが、このパンは、グラハムじゃないと、だめ。
んで、プルーンでもだめで、やっぱり、フィグがいい。
フィグも、クオカさんのが、とてもおいしくて気に入っています。

ひさびさの、プチプチ感は、ちょっとカンドーでした。

アレンジ

生イーストがないと困るのは、コムシノワが焼けなくなるから。
P1350989.jpg
今日も、焼きましたよ。

いつも通り、余り生地を出して。。。。。
P1350991.jpg

丸パンには、振り粉。。。ではなく、粉糖を。
P1350992.jpg


今日は、ミルクティ風味のコムシノワを焼いてみました。
P1350998.jpg
紅茶パウダーを少々、入れました。
これが、ものすごいいい香り。
茶葉も、今回、富澤商店のを使用。
製菓用として粉砕されている、ダージリンを使いました。

P1350999.jpg
この、茶葉、気に入りました。

実は、以前、クオカさんで、粉砕されている茶葉を買ったのですが、
ちょーーーーーーっと、人工的な香りが付いていて、苦手だったのです。
母が、思いのほか、気にってくれて、これは、また、焼くことになりそうです。

粉糖をふって丸パンですが、食事パンにも〇でした。
P1360005.jpg


アホのように焼いている、コムシノワ。
でも、それは、アレンジをしたら、何種類にも広がってゆく。

器用に焼けなくても、
好きなパンをアレンジ出来るだけで、わたしは、楽しいのです。

ワタシのこと

Author:5-
粉が好き。
粉モノ作りなら、なんでも、手を出す、
もりょーが在住のかあさんです。

最新記事
コメントありがとちゃーん♪
カテゴリ
ここで調べてねー★
メールフォーム
コメント欄同様、コチラもご活用ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
QRコード
QR