いってらっしゃーい。

2018/06/18 Mon 07:20

P1420073.jpg

どどーーーーんと、ズィブラ


本当に久しぶりだったので、戸惑いやんした~~
P1420071.jpg


でも、こちらはね、
P1420068.jpg
カットするところから、プレゼントにしました。


で、行ってっらしゃい~
P1420077.jpg


スポンサーサイト
★生イースト | コメント:(0) | トラックバック:(0)

新しい兵器

2018/06/06 Wed 07:51

<ブランワイン フロマージュ> 
P1410773.jpg
加水は、赤ワインだけ。

アルコールを飛ばしてないので、ふわ~んと、香ります。
P1410784.jpg
チーズイン!

コチラから↓





発酵玉ねぎを作っています(右側)
P1410793.jpg
左は、わたしの苦手なもの。

甘酒。

おはぎ
麹の入った漬け物も、苦手。

そんな私が、
甘酒を作るなんて!
飲むなんて!
料理に使うなんて!


購入を悩むこと、半年。
行ったり来たり。
入れたり出したり。

ショップチャンネルの放送を観てから、気になって気になって。
しかし、5一郎(ごいちろう)の
「やめとけ。すぐに、おかあは、飽きるから」

よくご存じで。

でも、わたしの持病に甘酒はいいというし、とにかく、いたるところで絶賛されてるし。
カクカクシカジカで、購入した。



バカみたいに、作ってます。
バカみたいに、甘酒飲んでます。

麹と水だけなのに、甘くて、とーーーーっても、美味しいのです。
酵母も、
塩麹も
ヨーグルトも
豆乳ヨーグルトも、
酵素シロップもできるらしい。

豆乳・菌も買ってきているのに、豆乳ヨーグルトをつくらず、甘酒ばかり作っておる。

甘酒入り ドレッシングを飲むように作ってるので。
P1410878.jpg
左;にんじんドレッシング 右:中華ドレッシング

砂糖はなし。
甘酒の甘みだけです。


ドレッシング、発酵玉ねぎのレシピは、コチラから↓



しかし、甘酒飲んで、ご飯も普通に食べて、健全なのだろうか????
★生イースト | コメント:(0) | トラックバック:(0)

早朝パン焼き

2018/06/02 Sat 07:11

朝4時に起きて、焼いたパンは、加水を間違えたようで、デロデロで、成型もなにも。。。。

で、ねじった。
P1410838.jpg
これでも、ねじりパン。
セミドライアップル入りのシュガーパンです。

4時に起きる必要がないのに、起きてしまって、
パン代を渡そうかと思ったけど、なんだか、口惜しいので、焼いてみた。
やればできるもんだなー。



で、そのまま、コムシノワも。
P1410860.jpg

余り生地は、ハムチーズパンに。
P1410864.jpg
ふわんふわんだった。
触るだけで。
わたしの口に入らず。。。。。


コムシノワのレシピは、コチラから↓

★生イースト | コメント:(0) | トラックバック:(0)

クセがすごい

2018/05/30 Wed 08:21

自分レシピで、マルチシリアルの角食を焼きました。
P1410669.jpg
クセがあるし、鳥のエサ臭も否めないのですが、たまに、食べたくなる。


余り生地を出して、丸パンも。
P1410671.jpg

クセがあるので、みさちゃんに教えてもらったおまじないと、黒ゴマ白ゴマたっぷり、ルヴァンエキスも入れました。。。
P1410680.jpg
ら、いい感じです。
味も香りも。


しかし、マルチ@@@系は、クセがすごい。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOMIZ cuoca (富澤商店 クオカ) マルチシリアル/200g
価格:380円(税込、送料別) (2018/5/15時点)





工夫次第で、大丈夫になりました。


3パックで、50円のえのき茸。
P1410716.jpg

干して、セミドライにして、
P1410717.jpg
甘酢に味付けして、常備菜に。

日光よ、ありがとう。





さて、今週末、東北絆祭りが、開催されます★★
これは、もう、東北以外の人には、とうに忘れ去られている、2011年の東北大震災後に開催された、
東北六魂祭(ろっこんさい)の名残りです。

東北六魂祭(ろっこんさい)
被災した岩手・宮城・福島・青森と秋田・山形を含めた東北6県が、
被災地の復興と応援してくれた全国の方々に、お礼の意味を込めて何か形で表すことが出来ないか、ということから、
鎮魂とお礼を込めた六魂祭を各県の「祭り」を持ち寄り、県庁所在地で持ち回り開催するのが良いのではないかということで、2011年の6月に仙台を一回目として開催された。



物事を斜めにとらえる性質ではありませんが、企画・運営した、電通のたくましい商魂によるものなわけで。
相当、利潤があったらしく、またまた、企画されました。

結構、結構。
人が集まるというのは、お金が落ちます。
しかし、本当に、必要としているのは、沿岸地方です。
なんだかなぁ。

で、長男も、この週末は、バイトは全日、入っております。
で、いつもいつも、愚痴をいい、寝言でも、応対しておりますので、
まとめて、わたくし、こちらで、盛岡冷麺のことを、説明させていただきます。

こちら、有名店の冷麺(画像お借りしてます)
冷麺
メニュー表の一般的画像です。
店名は無関係です。
ご了承ください。

まず、スイカは、5月半ば~8月半ばぐらいまでです。
この辺は、季節ものです。
ですから、りんごもあれば、梨もある。
ですが、春や冬に来店して、「スイカじゃないのか!」と、ご立腹なさらないでください。

あたりまえだろ?

春や冬に、スイカがありますか?
あっても、使えません、原価があがって。
季節外れのフルーツを食べられるのは、
お見舞いで頂いたときや、入院した退院後とか、特別なときじゃないですかね。

私は、スイカが大好きである。
3食、スイカでもいいくらい。
本気で、スイカを植えようかと思ったのだが、農家出身のかあさん友だちに止められた。
「農業を甘く見るな」と。
聞いたら、いろいろと、面倒なのね。
藁も、入手できないし。

次男を出産後、、母にお世話してもらっていたときに、何が食べたい?と聞かれ、迷わず、「スイカ!」と答えたのですが、季節は12月。
しかも、スイカは体を冷やすので、却下されました。

横道に逸れましたね。

季節外れのスイカは高いのです。
メニューの写真は、見映えよくのために、スイカなんだと思います。


さらに、いまは、このように大きな画像ですが、メニュー表の画像は小さいです。
この画像より、はるかに、はるかに、
「どうしたら、こんなに、葱をみじん切りできるんだろう?習いたい!」と、
私が思うほどの、刻み葱がトッピングされています。

先日、長男は、大声で怒鳴られたそうです。

「葱が入っとるやないか!写真にはなかった、ふざけんなっ!おれは、葱が食えんのや!」

は? 知らんがな。

隣にいた息子に、
「パパ、大人のくせにはずかしいよ、自分のせいなのに、お店のひとに怒ったら」(関西弁)

どうして、関西系の方々は、このような恫喝をなさるのか?
関西系の方々の恫喝率、高め。
盛岡の人、そんな恫喝に慣れてないので、対処の仕方がわからないために、「無」になります。
でも、聴こえていないんじゃない。
十分に、腹が立ってます。
しかし、無になっているため、また、ご立腹なさるようで、また、大きな声を出す。

長男、関西弁のアレルギーになりました。
怒りの沸点は、とうに過ぎ、最近では、「クセがすごい」と、お笑いモードに変換するように。



また、オーダーの仕方ですが、
お店によって、呼び名は変わりますが、

だいたい、冷麺は、普通・辛・特辛 3段階の辛味を選択できます。

「特辛って、どのくらい辛いんですか?」

知らんがな part2。

辛さの感じ方は、人それぞれ。
「特辛食べても、次の日のンコするとき、お尻が大変には、ならないくらいですが、ちょい辛目ですね」
は、共有できないわけです。


お嬢さんだった頃。
まだ、Kの国には、春を買うために、たくさんの日本人のおじさまが行っていたあたり。
私と友人2人、計3名で、旅行に出掛けました。
みな、辛さは、そこそこOK。

で、オーダー。
身振り手振りで、意志の疎通を交わし、「そんなに辛くないらしい」という、スンドゥブ食べたら、
もう、1口目で、みな、ギブアップ。

もともと、辛さに対してのレベルが違うのだもの、当たり前。
初日から、ホテルの部屋のトイレは、満席状態。
Kの国は、下水道が整っていないので、紙を流してはいけない。
便器脇にあるごみ箱に捨てるんです。
これが、もう、臭うんですよ。
だから、流しちゃえ!と流す。。。と、詰まる。
詰まると、ホテルマンを呼ぶ。
ホテルマンにナンパされ、部屋から、なかなか出てくれないという、危ない旅行でした。

......また、横道に逸れましたね。


ですから、初めて食べるなら、辛味別(からみべつ)と頼んでください。

そうすると、キムチが、小丼に入ってきて、お好きな量を入れることができます。

まとめます。

・盛岡冷麺のフルーツは、すいかと決まっていない。そのときどきのフルーツになります。
・葱が入ってます。
・どの辛さにしたらいいか、わからないときは、「辛味別」で、注文してください。



あと、恫喝は、本当にお止めになってくださいね。


以上、よろしくお願いいたします。
参考になりましたら、拍手をお願いします。

お願いだらけのブログで、どーも、サーセン。





★生イースト | コメント:(0) | トラックバック:(0)

某有名店の。。。。。

2018/05/19 Sat 07:14

★コーンパン★
P1410600.jpg
を、また、焼きました。

コーン、鬼入れ。
P1410602.jpg
出ても、焦げないように、焼成を調整しました。


何年かぶりの、バターロール。。。。。
P1410612.jpg

やはり、コンスタントに焼いてないと、
P1410605.jpg

だめなようです。
P1410609.jpg

これも、某有名店の本からのレシピ。
ええええ?
こんな本あったの???と、びっくり。
しかし!
基本中の基本が載っていて、いまどきのパン本より、ワタシは、ずっと好き。
奇をてらってないというか、おうちパンらしいから。

しかし、このバターロールの生地は、卵入りのせいもあるけど、いまひとつ、好きになれなかった。
ヒキが強いって、こういうパンの事なんだなぁと、わかった。

んで、やっぱり、私は、卵入りの生地は、苦手だ。

★生イースト | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »