終わったと思ったら、まだありました~
せっかくだから、食べもの編も。


富澤で買ってきたもの。
P1390456.jpg
きれいな色のレーズンと、ドライマンダリンオレンジ。

ドライオレンジは、このまんま、パンやお菓子には向かない。。。かのぉ。
P1390457.jpg



AIちゃんからのお土産。
P1390442.jpg
中身を撮る前に、あっという間になくなった。
とてもおいしくいただきました~


mioちゃんが、「どこか行きたいとことかある?」って聞くので、即効「スーパー!」と返答。
スーパーに行くと、その土地ならではの美味しいものが、食卓で使える美味しいものが、必ずあるから。
で、これ。
P1390443.jpg

中でも、このドレッシングが、最高においしい!
P1390460.jpg
フンドーキン醤油の、柚子ドレッシング。

すぐに検索したら、ネットで買えそうなので、なくなったら、注文しよう~
たくさん種類あるのね~楽しみ→
P1390490.jpg
おすそ分けしてくれる方々にお分けしてもいい。
それぐらい、おいしい。


これは、福岡空港の搭乗口付近のショップで。
P1390500.jpg

お弁当や、おにぎりに混ぜてもいいかなと。
P1390501.jpg
ひじきと梅が入ってます。
これが、非常においしくてですね、そうそうに売り切れてしまって。
これも注文だな→☆☆


最後に、コレ。
mioちゃんとこで作った、タルトタタン。
P1390449.jpg
持ち帰ってくるとき、気を付けていたのですが、崩れちゃって。
写真を撮るのは憚れましてね。。。食べるとこのみ、撮影。


うまーーーーい!
P1390450.jpg
美味しさの三重奏♪

今年中に復習できるかなぁ。。。がんばろ。

スポンサーサイト
旅ル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
日田市出発の朝。
いつも通り、5:15に起床。
起床時間だけは、いつものペースの方が、後々、楽なので、変わらずにアラームをセットしています。

飛行機はお昼出発。
福岡空港までは、約1時間半で着きますが、
なにが起こるかわからないし、起きたら、どう対処すればいいのか、知らない土地では不安だし。
だから、早めに移動します。
空港にさえつけば、楽だから。


8:45発のバスで移動予定。
すでに8時前にバスセンターに到着。
P1390433.jpg
見送りに来るという、mioちゃんのお申し出をお断り。
mioちゃんの午前中は、事務仕事、メールチェックや連絡に遣ってると聞いたので。
そゆことは、大事だから。

「いいよ~見送りは~。 また、来るし 」

え? (たぶん、mioちゃんの心の声)

そんなこんなしてたら、AIちゃんが、お見送りに来てくれました。
悪いわ~、ただでさえ、忙しい朝に。
そこでも、粉の話をし続ける。
どんだけ、話せるんだ???

時間が来ました。

さようなら。。。左様ならば、お別れしましょう。


居眠りしていたら、あっという間に、福岡空港へ到着。
P1390435.jpg


ここでも、手続きを、さっさと済ませ、搭乗口前へ。
P1390436.jpg
ここまで来たら、あとは、居眠りしてても大丈夫。
わが家用に切り子の明太子や、おかず系の買いものをして、機上へ。

2時間10分で、岩手に到着。
ここからは、また、来た通り、高速バスで、もりょーが駅へ。。。そして自宅へ。
8:45に日田市を出発し、17:00に自宅へ到着。

わたしの、遅い夏休み。。。?早い冬休み。。。?は、無事、終わりました。

>>続きを読む・・・
旅ル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
本日も、いつも通りに5:15に起床して、ニュースチェック。
身支度を整えて、7:00~の朝食に、朝一で向かう。

いつでも、どこでも、わたしは眠ることができる。
いつでも、どこでも、特に好き嫌いもなく、食べられる。

感謝。

みおちゃんは、朝に事務仕事をこなすようなので、お邪魔にならないように、私は、散歩。
「亀山公園のほうに行ってみて~」と言われたのに、全く、方向が逆のイオンに入って、パトロールしていた。
でも、わたしにとっては、スーパーは、どこよりもアドレナリンが出る場所なので、楽しかったっす。

で、ピックアップしてもらい、またまた、カフェへ。

レッスンと同時進行、しながら、みおさんは、お届け用のフレンチアップルパイ、作成中。
P1390426.jpg


完成~〇
P1390427.jpg
縮小サイズを間違えて、またまた、ボケボケ~(悔しい。。。)

わたしのは、もりょーがまで、持って帰りやすい用に、四角に。
P1390429.jpg

簡単な工程なのに、長い工程の絶品タルトタタンは、撮影し忘れ×
帰宅後、撮れる体をなしてなかった。。。
mioさん作→★タルトタタン★

このタルトタタン、わたしが今まで作ったもの、食べたものと、全然、違った。
美味しさにびっくり。
工程にびっくり。


賄いデザートは、昨日のケーキの端っこを、あーしてこーしたもの。
これが、美味しくて、びっくり。
P1390414.jpg
で、食べながら、カメラの手ほどきも習いました。
これ、私が撮ったもの。

mioさんが撮ったもの。
P1390424.jpg

指導後、私が撮ったもの。
P1390425.jpg
縮小サイズを間違えて、こんなボケボケになってけども、違う~、全然、違う~。


さ。
レッスンも終わった。
明日は、帰るだけの日。


日田の最後の夜。
偶然に偶然が重なった出会いの場所へ。
フレンチアップルパイの端っこを持って、GO~。


インスタで出会った、AIちゃんと、待ち合わせ。

AIちゃん。
わたしは、もう、インスタ止めちゃったけど、
自己マンで始めたころ、「5-さんですよね?」と見つけてくださったときからのご縁。
なんでも、以前から、ブログを見てくださったらしい。
びっくり!
こんなアクセス数少ない、地味~なブログなのに。

んで、大分在住だってことは知っていたけれども、まさか、みおちゃんのカフェと同じ日田市だとは、つゆ知らず。
しかし、ちょっとしたわたしのつぶやきに、AIちゃんが反応してくれて、会うことになりました。
しかも、みおちゃんという、みんなのあこがれのパティシェとともに。


日田に来て、初めましてパート2。
P1390430.jpg
これも、みおちゃんご指導のアングル。
ちょっと、小物を移動するだけで、全然、違う~。

私は、昨日、みおちゃんと逢ったばかり。
そして、いま、AIちゃんと、逢ったばかり。

なのに、なんなんだ、この一体感。

粉の結びつきってすごいわねぇ。
いやいや、早速、みおちゃん、ケーキのオーダーを連続で頂いたようで、よかったよかった。

しかし、カフェにて、これ以上、長居もできずに。。。そして、話したりずに、ファミレスへ移動。

ここでのテーマ ☆ 「バルミューダー・トースターのすばらしさ」と、「mioちゃんは注目のケーキ職人なのだぞ!」

ジャパネットた@た並みに、トースターを熱く語る、オレ。
昨日、逢ったばかりの人に、さっき会ったばかりの人に、勝手にアフェリエイト。
2人は、大きな胸を(知らんけど)揺らしながら、心も、たいそう、揺れていた。
時間の問題。

んで、mioちゃんは、まったく、自覚がないようなので、2人で説法会。
「mioちゃんは、ここ日田で、もっと、がんがん、前に出れ~」


そして、日付が変わるぎりぎりに、お別れ。
自分で紡いだ出会いに、まさかの出会いが生まれて、また、その先のつながりをこの目で見ることができた。
シアワセ。


みおちゃんにホテルまで送ってもらい、さよならを。
見送りは不要よ。
明日、出発するバスセンターの場所も、教えてもらったし、だいじょうぶ。

2日間、ありがとう。
さよなら。


たくさんの拍手ありがとうございます~。
予想もしない数で、びっくりしております~
ラスト2回、続きます~



旅ル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
★CAFE URIKRI★
P1390400.jpg
その手で生み出されるケーキに、だれもが、感嘆とため息をついていたと思う、「PCの前で」

カナダから帰国され、
そして、カフェを開いたお知らせを見て、この目で見てみたい、レッスンを受けたい、と思いました。


日田の山沿いを、
登って登って登って、
着いた先の、そのカフェは、そこだけ、別世界のよう。
P1390405.jpg

やっぱり、
P1390407.jpg

こう。。。なんていうか、
P1390408.jpg

モノの選択、配置のひとつひとつの感性が、
P1390409.jpg

日本人じゃないのよ。

P1390410.jpg
語彙がなくて、スマソ。

いやいや、本当に。
友人エレン宅に行ったときも、
そして、海外生活が長かった、バラケーキを習った先生宅でも感じるのだけど、違うんだよね。
なにが?と聞かれても、答えられない。

ま、そんなことは、どうでもよくて。


タルトタタンとフレンチアップルパイのレッスンをお願いしました。
ゆっくりとした工程にしていただいたので、1日目は生地作りなど。


で、そのあとは(早い展開だべ?)、mioさんの商品作りの手つきを、呼吸止めるくらいで、見つめる時間。
P1390411.jpg

呼吸止まったら、死んでまうけども。
それぐらい、息を止めて見てた。
P1390413.jpg
まず、第一段階、完成。
やっと、私も、息ができる。

ひぃひぃふ~ ひぃひぃふ~(違う呼吸)

★すんばらしいケーキ★たちは、こんなふうにして完成するんだなぁ。


この日は、レッスンも第一段階のみで、夕飯に連れて行っていただきました→★木の花 ガルデン★

到着したときは、すでに暗かったので、外観はよくわからず。
でも、仙台の光のペイジェントのように、周囲の木々に灯りが、たくさん~。
とーーってもきれいで、撮影したかったんだけど、
腹が減ってて、そんな余裕なかった。

にしても、ここのバイキングが、とーーってもおいしくて、何度もお代わりしちゃいました。
おばちゃんや、おばあちゃんが作った、やさしい、でも、味がしっかりしている料理。
小さいとき、お盆や正月に、本家のおじちゃんちに行って、食べたような料理ばかり。

今朝、初めて逢った人と、初めての場所で、食事をする。

なんか。。。。。
よく。。。。。
考えたら。。。。。
普通じゃないと思うのだけど。

粉の話や、自分の手から生み出されるものの話を、がんがん、遠慮せず、話せるって、とってもシアワセ~。

明日もあることだし、早々にホテルへ送ってもらいました。
ホテルの駐車場は、他県ナンバーの車のワゴン車・トラックが、やっぱり多かった。

ここは、いま、生きかえろうとしている街。

旅ル | コメント:(0) | トラックバック:(0)
いつも通りに起きて(5:15)
ニュースチェックをして、
朝食を摂り、チェックアウト。

向かった先は、博多駅。
ここから、目的地へ移動します。
昨夜のうちに、場所・時間・切符売り場を確認しておいたので、不安はありません。
さらに、出発1時間半前に来ているので、あとは、乗るだけです。
ひとり旅は、自分の目と耳だけが頼り。
スマホ、本も見ずに、ひたすら、待つ。
人間観察をしながら、待つ。


高速バスで、日田市へ向かいました。
DSC_0123.jpg


あと少しで目的地へ到着というとき、胸が締め付けられる光景が。
P1390383.jpg


これは、
P1390384.jpg

過日の
P1390385.jpg

豪雨被害の爪痕。
P1390386.jpg
地方都市だし、ホテル予約も余裕だろうと思っていた、今回。
空室が、驚くほど少なかったのは、この復旧作業の人々が宿泊していたからなのでしょう。

★あのとき★と同じだなと思った。

いつのまにか、忘れてた。
忘れてしまってゆく自分に喝を。

居眠りしたり、喝を入れたりしていたら、あっという間に着いた。


初めましての挨拶も、そこそこに、りんごの買いものにお付き合い。
質と値段の反比例さに驚く。
ああ、やはり、ここは、九州なんだ。。。と、実感。


ごぼう天うどんを食べて、あったまる、話をする、笑う。
P1390388.jpg


なっているゆずカボスを見るなんて、人生初ならば、
P1390392.jpg


お茶の木も、
P1390393.jpg

お茶の実を見るのも、初。
P1390394.jpg


バスク@ンでも入っているかのような川を見るのも、初めて。
P1390395.jpg


もりょーがとは違う、自然に圧巻。
P1390397.jpg


車で登って、登って行った先は、★CAFE URIKRI★
P1390400.jpg

そ。
岩手のもりょーがから、ここまで来ちゃったの。


何回まで続くか、本人もわからぬまま、更新していきます。
楽しみにしてるわ~という方、どうぞ、拍手をお願いします~
励みになります~


旅ル | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »