玉手箱

2018/02/17 Sat 07:32

IGをしていたときに仲良くなった、rinちゃんから、事前連絡はあったものの、手元に到着して、荷物のデカさにおののく。
P1400385.jpg

このラー油。。。以前、話題になったものですよねー。
入手が難しいって。。。。
P1400394.jpg
茅乃舎の出汁は、いつ頂いても、うれしー。

養々麺って、なに? →★こーゆーのみたいよ★
P1400393.jpg
こういうとこがね、東京のヒト。。。
東京のヒトは、こじゃれたものを、たくさん、ご存じ。

これ!
P1400397.jpg
★由比缶詰所★の!
ツナ缶!!
これ。。。以前から、とても食べてみたかったもの。
もう、頂きましたが、おいしい。
ミルキーというか、生臭さが一切ない。
P1400400.jpg


で、この袋といえば。。。。。。
P1400387.jpg

パン。
P1400392.jpg
あ、わかりますよね。
ホップスと熟成バゲット。

お初のホップス。
P1400388.jpg
見たことも、食べたこともないのに、焼くこと数度。
方々で話題になっているのですが、
私感として。。。それほど、感動したことないんですよね、旨さを。

でも、本物を食べたことがないのに、言ってはいけないことなわけで。
そんなこんなを話したところ、rinちゃんが、送ってくださった。

感想→ふつー

P1400391.jpg
送り主さまに失礼と思うでしょうが、ふつー。
送り主さまが、送る前に、「それほど感動する味でもないです」と言っていたので、遠慮なく。
送り主さまに了解も得ましたので、いいます。

ふつー。

でも、ありがたかったです。
労力を掛けずに、こうして、本物を頂けて。

そして、一番下にあったもの。
P1400386.jpg

はぁはぁはぁ。
P1400401.jpg
開封する手が、震える。
はぁはぁはぁ。


★JOICE ON THE TABLE(ジョイスオ ンザテーブル)★の食器が!!
P1400404.jpg
昨年、年末近くに、旅行へ行った際、タイミングよく、予約できたというので、福を分けてくださいました。
うれしー。
夢のようです。
大きさが絶妙で、とても使いやすいんですよね、キレイなだけでなく。

なにより、うれしかったのは、
P1400405.jpg
お皿が入っていた、箱。

缶、瓶、タッパー。。。と、入れ物好きなだけに。

いや、それは冗談ですが、
もりょーがに居ながらにして、全国を旅したような、そんな気分にさせる玉手箱のような贈りものでした~。


スポンサーサイト
いただきまっす | コメント:(0) | トラックバック:(0)

いつも思うこと。

2018/02/06 Tue 07:24

先月の半ば。
しつこ過ぎる、わたしの推しで、やっと、ホップ種と付き合っていく決心をされた、Ameliaさん。
ホップ種と、いくつかのパンと、そして、鬼門・・・いや、どちらかというと苦手な、ルヴァンエキスも紛れ込ませて、送りつけました。

ら、お礼の品々が、届きました。
P1400250.jpg
早速、ホップ種とルヴァンエキスを使って焼いてくれたパン。
松の実とか、かぼちゃの種とか、使うセンスが、Ameliaさんらしい。
これ、とてもおいしかったのです。

わたしのテケトー ルヴァンエキス。
あんまり、臭くないんで、活用できるとおもうんです。
自画自賛だけど。
少量だから、管理しやすいし。
もう、何軒にお嫁に行ったか。。。。
ルヴァンの苦手なヲバチャンが起こした、なんちゃってルヴァンエキス。

こちらは、リエット。
P1400254.jpg
リエットを作るなんて!
すごい!!

わたしの持っている、パンにも合う~と謳っているレシピ本に、必ずといっていいほど載ってます「リエット」
作ろうかなと思うものの、工程を読んでクラクラ。
だから、余計、おいしかった。
大事に頂きましたよ。

そして、粉の贈りものも。
P1400276.jpg
ありがとうございます。


この箱の上を、何往復して、詰めてくれたのしょう。
贈りものが入った箱を手にするたびに、いつも思うことです。

いただきまっす | コメント:(2) | トラックバック:(0)
先週初め、届いたのは、
P1400038.jpg
★Ameliaさん★から、たくさん!
玉手箱。。。あ、わかんないか。
福箱のように、たくさん、いろんな、ドツボのものが入ってました。

いつも、余りを出して、小さいの焼いてるから。。。と、それように、小さな型が。
P1400040.jpg
うれしい。


んで、なにより、ひっさびさの、Ameパン。
P1400039.jpg
真ん中のぼやけているパンなんですが、開封した途端、香りが良くて、むっつむっつと、食べました。
このミルキーさって、なんだべ?と思ったら、ヨーグルトが入っているそう。
私も、焼いてみっかな。

なにより、Ameliaさんのハードパンは、久々です。
最近のブログは、敢えて、パン中心にしてないので、ご存じのない方も多いかも知れませんが、
Ameliaさんのハードパンは、評価されているんです、ちゃんとしたとこで。
★受賞★
★2年連続★

ムフ。
無理やり、過去を引っ張りだしてきたじぇ。
懐かしいなぁ。
いっぱい、いっぱい、焼いてた。
お庭の写真とともに、すごいなぁ~と、フンガフンガしてみてました、当時。

まさかその方と交流できるとは。。。。
(ここでも、ごまさばさんがキーマンです)


わたしは、パン友さんの誕生日を知りません。
わたしも、誕生日を、はっきりと表したことはないかと。

知らず、尋ねず、語らず。

誕生日を知ると、贈りたくなる。
あなたを大切に想っているという気持ちを、形にして贈りたくなる。
返ってくる、わたしも大切に想ってますよ、と。

逢ったことのない者同士、いつまで続くのか、続けられるのか。
フェイドアウトしていっても、それは誰のせいでもないわけで。
そ知らぬふりをしながら、でも、心のなかがモヤモヤとして、自分の器の小ささを思い知らされる、
ということが、わたしにもありました、あります。

「女性はいつまでたっても、心は女子高生」と、誰かが言ってましたが、事実だと思う。

あら?
アノヒト、苦手~と言いながら、ブログにコメント残してる。。。とか、
心から拍手を送れず、異様な化学変化みたいに、羨望が陰口に変化したり。。。とか、
そういう場面を、見たり聞いたり感じたりするたび、「ワタシらは、女子高生!」と思い、気をそらします。

大切に想っていますという気持ちは、誕生日やクリスマスプレゼントじゃなくても、伝えられる。
わたしが穏やかでいたいためだけに、「誕生日」は、あえて、静かに接したく。。。。

素っ気ないわたしですが、これからもどうぞ、よろしく。
いただきまっす | コメント:(0) | トラックバック:(0)

*贈りもの

2017/12/25 Mon 07:38

この時期!
わたしの中で恒例となった!
松母さんからの贈りものが、
P1390845.jpg

今年も届きました!
P1390846.jpg

松母さんの奈良漬。
P1390851.jpg

なくなったから、買わないと~と思っていたところに、ありがたや~の茅の舎のダシ。
P1390847.jpg

メロンジャム!と、いろいろ。
P1390853.jpg

ゆずもろみ。
P1390854.jpg

このナッツはすぐに、完売しました。
P1390855.jpg

売り切れで、なかなか買えないという★Wildman Bagle(ワイルドマンベーグル)★★パン屋航路★の、貴重なベーグル。
P1390852.jpg

最近、ベーグルを焼いているので、興味津々です。
P1390860.jpg
バルミューダーで焼くと、バリッ ふわっ もちっとします。
ほんと、美味しく食べられます。

ずんだとクリームチーズ。。。。。
P1390862.jpg
クリームチーズが、贅沢なくらい入ってておいしい~。


松母さん作「モーン シュトレーン」
P1390857.jpg

ケシの実のシュトレーンなそう。
P1390863.jpg
初めて食べました。
んで、甘さが、ごくごく控えめで、これは、新鮮な味。

松母さん、ありがとうございます~


で、まだあるの。
P1390903.jpg
まぁまぁまぁ!
IGで、いつも、お口あんぐりして見ていたものが、目の前に!
そらママ。さん、ありがとうございます。


そして。
パン友さんでも、なんでもないのに、もう、10年近いお付き合いのある、Mさんから。
毎年、必ず、クリスマスプレゼントを頂きます。
P1390900.jpg
昔、細々とやっていた、独り言のようなブログにコメントを頂いてからの、お付き合い。
私が、とてもおいしく焼ける!とリンクした、パウンドケーキを、いつも焼いて送ってくださいます。
それが、わたしのより、数倍美味しいのです。
聞いたら、レシピ以上に丁寧に作っていらした。。。

こうして、贈りものを頂くと、贈りもののセンス。。。に感心します。

買えないわけじゃないけれど、つい、後回しにしてしまうもの
つい、値段を優先して、欲しい方でないものを買ってしまうもの

こんなふうに頂いたら、ほんとうにうれしいなぁと思う。
勉強になります。

なにより、このご縁に感謝。

以上、ありがとう~!という名の、見せびらかし、終わりww

いただきまっす | コメント:(0) | トラックバック:(0)

見極め

2017/10/04 Wed 07:25

関東の★ターシャ・テューダー★さんからの贈りもの。
P1380771.jpg
この箱の上を、手が何往復したのでしょう。
箱詰めを頂くと、いつも思います。

さつま芋が、すっごく、美味しかったです!
干し芋が、大好きな私は、この干し芋にもノックアクト。
やはり、本場は、違うわ~


で、入っていた栗を渋皮煮に。
P1380784.jpg
Cpicon 秋の黒い宝石♡簡単基本の栗の渋皮煮 by ❤ももら❤

って、今回は、なんちゃって渋皮煮。。。なんです。
レシピ通りにしたのですが、完成!と思って味見をしたら、「しぶーーーーーーっ!」
まだ、渋抜きが足りなかったよう。

実は、渋皮煮職人としては、3年目の新人のオレ。
1年目は、まぐれ。
2年目は、びっくりするような渋い渋皮煮。
そして、今年も同様に。
やり直したものだから、渋皮がまだらになりましたです。

渋抜きというのは、回数ではなく、見極めなんですな。
その辺の見極めができないので、初心者の域から出られずにいます。

でも、味は、おいしいので、ヨシとします。


加熱用の青い無花果。。。。。
P1380744.jpg

を、甘露煮にしました。
P1380747.jpg


秋は、忙しいですな~
選択次第で、楽できるんですけど、つい、買っちゃう、しちゃうんですよね。
いただきまっす | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »